業者が行なうテレビアンテナ工事~電波強度に合わせる丁寧な作業~

自分でアンテナ設置をするリスク~高所作業は危険が多い~

アンテナ工事のプロが行なう施工方法とは

アンテナ設置

優良な電気工事業者は、非常に丁寧な作業でアンテナを設置してくれます。機器の設置や位置の微調整など、プロならではの作業を行なってくれます。

電気工事業者で行っている工事の流れ

電波のレベル測定を行なう

設置するアンテナの電波受信強度に関するレベル測定を行ないます。電波強度が強すぎる場合は減衰器を設置し、低すぎる場合はアンテナの近くにブースターの設置を行ないます。ブースターを設置する場合、電波の受信レベルに合わせた出力調整が必要となるため、専用の機器や知識を持った業者に施工の依頼をする必要があります。

分配器の設置

自宅に複数のテレビを設置する場合、電波を各部屋のテレビへと分配する「分配機」が必要となります。ブースターによる調整を行ない、分配機のケーブルを各部屋のテレビ端子へ繋げることで、どの部屋でも同じ画質の映像を見ることができるのです。

映像が映るか確認する

テレビアンテナの設置と、ブースターや分配器の設置、さらに各種配線工事を行なったあと、最後に映像が映るかどうかを確認します。テレビ端子とチューナーを繋ぎ、映像が問題なく映れば作業終了となります。

なにかあったときの保証制度

業者に依頼した後で、受信状況が悪くなってしまった場合や、アンテナの落下や折れなどのトラブルが起きた場合、保証制度を利用することができます。最近の電気工事業者の多くはこの保証制度を取り入れています。保証期間内であれば、問題が起きた後にすぐ電話などで連絡をすることで、トラブルへ迅速に対処してくれます。

工事してもらった人の口コミ

DIY後のトラブルもなんとかしてくれました。(30代/男性)

ネットで安いアンテナを購入し、DIYでなんとか取り付けようとしたのですが、屋根の上に固定させることが難しく途中で断念しました。電気工事業者の人に依頼したところ、たったの一時間程度で屋根に取り付けてくれました。プロの凄さを実感しましたね。

業者に依頼して良かったです(30代/女性)

私の家の近くには高層ビルが多くあるので、しょっちゅう電波障害が起きていました。多少画像が悪くても我慢すればいいと思っていたのですが、年々ノイズやゴーストの状態がひどくなってきたので、思い切ってアンテナ工事の業者に依頼したんです。工事後は非常に鮮明な画質でテレビが視聴できているので、業者の仕事には大変満足しています。

TOPボタン