自己責任で行なうDIY電気工事【テレビアンテナ設置工事において注意するべきこと】

自分でアンテナ設置をするリスク~高所作業は危険が多い~

DIYでテレビアンテナ工事を行なうなら注意点を把握しておこう

DIYによってテレビアンテナの設置を行なう場合、何に気を付ければいいでしょうか。以下に設置までの前準備と注意点について記載しています。

電波の発信所を確認する

電波のイラスト

テレビアンテナを設置する場合、地域ごとに存在する電波塔や発信所の方向へアンテナを向ける必要があります。屋外に設置する八木式アンテナは、指向性アンテナとも呼ばれ、一定の方向に対しての電波感度が高いのが特長です。電波塔や発信所の方向へ向ければ、ダイレクトに電波を受け取ることができるので、高い受信強度を得ることができるでしょう。

電波状況を知る

アンテナの電波感度の高さは、電波塔や発信所との距離によって変わります。電波塔や発信所がすぐ近くにあるなら、特にアンテナを向ける方向に注意をする必要はありません。しかし、電波塔や発信所から離れてしまうと電波強度が大きく下がってしまうため、アンテナの向きが少しズレるだけで受信エラーが発生してしまうのです。 自宅周辺の電波強度は、インターネットを活用することで調べられます。各地域の放送が受信できるエリアはネットで簡単に調べられるので、設置する前にきちんと確認しましょう。

電波が弱いときには

わたしが住んでいるところは、電波が弱いみたいです。問題なく綺麗な映像にするにはどうしたらいいですか?
いわゆる「弱電波地域」に指定されているエリアですと、受信感度の高いアンテナへの交換や、アンテナの方向調整を行なっても、しっかりとした映像が受信できない場合があります。電気工事業者では、弱電波地域でアンテナの設置を行なう場合、「ブースター」の設置によって対処します。このブースターは、受信する電波を増幅する機器です。設置することにより、受信状況を改善し、安定した画質の映像を視聴できるでしょう。

DIYでテレビアンテナ工事を行なうのは自己責任

DIYによって自力でテレビアンテナを設置する場合、建物の損害や、怪我のリスクを十分に考慮しなければなりません。器具やアンテナを落としてしまい建物に損害を与えることや、屋根の上で足を滑らせ、大怪我を負うことがあるのです。 また、他人の家や周囲の人へ被害を与えることも問題となります。周辺住民の家への損害や、住民の怪我は大きな賠償を支払うことに繋がるのです。何らかのトラブルが起きたとしても、それは全て工事を行なった自分の自己責任になる、ということを肝に銘じておきましょう。

TOPボタン